SNSの懸賞詐欺に引っかかる理由とは(TwitterやInstagramのプレゼント企画について)

2020年になりましたが、どこからどう見ても詐欺の懸賞ツイートやインスタグラムの投稿を拡散する人が多い昨今です。
一体なぜ引っかかる人が多いのか考えてみました。





引っかかる理由

  • 詐欺の可能性を考えていないから
    まあ大半がコレですね。
    1万札が大量に並んだ写真・iTunesカードの写った写真・ハイブランドのバッグやSwitch、プレステが並ぶ写真を見て「本当にお金持ちなんだ!」と信じ込む人が多いようです。
    …………が、こういう詐欺アカウントのほとんどが借り物の万札やiTunesカードを使い回しています。暴力団事務所のように、ひっそりと事務所を構えている情報商材屋は多いですからね。そこで万札やiTunesカード、ブランドバッグ等を借りて、自分のアカウント名(@XXXXXX)を書いた紙などと一緒に写真を撮ってツイートしています。
    そういう手間暇さえ掛けないマヌケな詐欺アカウントはネットに落ちている赤の他人の画像を使い回しているくらいですし、今は減りましたがメルカリやヤフオクでは「iPhoneの空箱」「プレステの空箱」「ブランドの空箱」が定期的によく売れていました。
    つまり「スイッチ・プレステ・iPhoneなどが大量に並ぶプレゼント企画」は、中身が空箱のものばかりです(笑)
  • 名指しこそしませんが、「実績はいいね欄を見てください」と当選報告ツイートをいいね欄に並べる懸賞アカウントのいいね欄を覗いてみたら、当選者のアカウントのほとんどがbotだったことがあります(笑) 数日おきに同じツイートを投稿していたりプロフィール欄とは合致しないツイートを連投しているのが特徴ですね。

  • 罪悪感がないから
    「詐欺かもしれない」と思いつつ、「自分に被害がないならまあ良いか」と参加する人が多い気がします。
    RTすることで詐欺に加担している自覚もなく、自分が痛い目に合わなければモラルなんてどうでもいいというタイプですね。結構多いです。
    (懸賞詐欺で個人情報を抜かれる事件は実際に発生していますが、そういう危機感も特にない)

なぜ詐欺ツイートをするのか

では、偽物の懸賞ツイートをする人たちの目的とは一体何なのか。

仲間を増やすため

仲間というか金ヅル、自分の身代わりですね。
懸賞詐欺をしているアカウントの90%くらいが「ネズミ講」「マルチ商法」の下っ端です。自分たちに直接的な利益はなく、上層部(暴力団など)に搾取されるだけの悲しい存在といえます。──ただし彼らがその事実に気がついているかは疑問ですが。

ネズミ講の下っ端にいる彼らは自分の地位を上げるため、騙されそうな下っ端を常に探しています。その下っ端探しに「SNSの懸賞詐欺」はとても都合が良いのです。

詐欺ツイートをRTした人の中から騙されやすそうな学生・主婦などをピックアップし、「僕と一緒にお金を稼ぎませんか?」という感じのDMを送りまくります。
これに騙される人がいるのが不思議ですが、「こんな凄い人から誘われた!」「本当に大金を持っているみたいだし、嘘じゃなさそう」と誘いに乗る人が多いのも事実です。そしてLINEアカウントなどを交換し合い、特定のグループに入らされます。(このとき『受講料』と称して数千円〜数万円のお金を集める人もいる模様)

指示されたグループに入ると「ツイッターアカウントを◯個つくれ」「フォロワーを増やせ」などの指示が飛んできます。
といっても地道にフォロワーを数千人レベルまで集めるのは至難の技ですから、手っ取り早く偽の懸賞ツイートをしたり、相互フォロー100%のアカウントをフォローしまくったり、時に詐欺グループの仲間同士でフォローをし合ったり、色々とするのです。

フォロワーを増やすため

懸賞詐欺をしているアカウントの90%が「ネズミ講」と言いましたが、残りの数パーセントは違うだろうな、と思っています。

  1. 承認欲求を満たすため
    リアルの知人友人が少なく、普通にツイッターをしてもフォロワーが稼げない人が手軽に人気者になるためだけに懸賞ツイートをすることは意外とよくあります。
    (この場合は「ちやほやされること」が目的なので、中には本当に当選させる場合もある)

    現実社会でも「周囲の人に気に入られたくて何でも奢る人」「頻繁にプレゼントや土産を贈ってくる人」っていませんか? それのネットバージョンですね。
  2. アカウントを売るため
    フォロワーの多いSNSアカウントは売れます。そして実際に買い取る人は案外多いのです。
    特に芸能関係、youtuber、企業公式アカウントなどで見かけることが多いですね。(どこの誰とは言いませんが)

    「ツイッターを始めました!フォローしてね!」と言い始めた公式アカウントに出会ったら、ちらっとフォロワーを覗いてみると面白いですよ。アラビア語で書かれた謎の海外アカウントが100以上ずらりと並んでいたり、露骨な捨てアカウントが大量に並んでいることが多いので。(ただしすぐにファンのアカウントで埋められていきます)

さいごに

色々と書き連ねましたが、この記事は懸賞詐欺について書いています。
広報等のため公正に懸賞企画をしている方々も大勢いますので(有名企業が多い)、懸賞が好きな方はそちらにのみ応募するのが良いと思います。




BLOG

Posted by KAWAHARA